やれば結果が出るのはわかっている

アフィリエイトほど単純に地道な努力を続けるとその分成果が表れるものはありません。

1か月がんばって報酬が0なんてことはあり得ないのです。

月に5,000円以下しか稼げないアフィリエイターが90%以上とか言われていますが、それはホントに片手間で手をつけただけの人も入れての話だと思います。

正しい方法で1か月も続ければ、報酬が5,000円以下と言うことはあり得ません。たまたまうまくいかなくて初月は5,000円以下かもしれませんが、次の月から5,000円を超えないようであればそれは遠回りをしているか、間違ったやり方をしているのかもしれないので見直しが必要です。

ブログに記事を重ねていってアドセンスで稼ぐようなスタイルならば、ブログがあったまるまでに3か月程度はかかるでしょう。記事数が100を超えるあたりからアクセスが急に増えて、収入も数万円になるはずです。

それまで我慢して、記事を入れ続けられるかが問題です。

ビジネス的に考えられる方はその部分を投資して、50記事、100記事を買ってもいいのです。それをいっきにドンといれて、1か月で100記事のブログを作り上げてもいいでしょう。そうすればおそらく次の月からはそのブログから収入が上がるでしょうから、2~3か月で記事代金は回収できます。

お金をかけたくなければ、毎日2記事書いていけばいいのです。半分の時間になります。3記事書けば1/3の期間でいいのです。ある程度のボリュームと内容をグーグルに認められれば検索でも上がってきます。自然とアクセスも増えるでしょう。意図的な被リンクとかはいらないのです。あくまで自然なアクセスが増えていくということです。

これなら将来的にも安定ですよね。無理やりなSEOではないのですから、グーグルから嫌われようがありません。

 

大きく稼ぎたい方は、物販のアフィリエイトを実践される方もいらっしゃるでしょう。

ペらページや10ページ程度のサイトを量産する場合、ペらは飛んだら終わりです。

複数ページで内容もそれなりに盛り込めば、ブログと同じように徐々にアクセスが期待できます。ただし、特定のキーワードでガツンと上げるのではなく、ロングテールで拾っていく先方なので月の金額は少ないかもしれません。それでも数をたくさん作ることで毎月の平準化が図れます。50サイトから100サイトぐらい作れば10,000円以上で安定するのではないでしょうか。

さらに大きく稼ぎたい場合は、情報商材がいいでしょう。10ページほどのサイトで作りはいっしょです。

ゴルフの上達法でもいいですし、神経痛の治し方でもいいでしょう。

販売者のページを見て、信頼のおけそうな、購入者の意欲をそそるようなページ作成ができている会社の商材は売れます。アフィリエイトで売ろうとしている会社は、きちんとそのページに力を入れています。

基本の部分ができているってことですよね。これはある程度経験を積めばわかります。というか、自分でサイト作っていると、これじゃ売れないよねっていうサイトがわかるようになってきます。

自分が売りたい商品だとしても販売ページがダメなら売れません。事前のアフィリのサイトのページでいくら頑張っても、その会社のページを開いたとたんに買う気が失せてしまうのです。

できれば、われわれアフィリエイターは、簡単な紹介のページ構成で興味を引いて、その販売会社のページに誘導する。そこできちんと購入に結びつけてくれるクロージングページになっているというのが理想的です。商品選びの際にもそこ注意しましょう。