graf

適切な答えを提供する(少ないアクセスで売る)

以前の記事でも少し書きましたが、サイトアフィリエイトにおいて重要なこと。

誘導したキーワードに対して、ストレートに答えを用意するということ。

たとえば、「○○育毛剤 最安値」というべたなキーワードでSEOをかけて集客した場合、○○育毛剤の最安値はここです。とまずは答えを出してあげること。

これがないと、訪問者はすぐに別のページに飛んでしまいます。

答えを提示した上で、この○○育毛剤の知られざる効果は、こんなことなんですとか、○○育毛剤の口コミもみたい方はこちらもどうぞとしてあげると、サイト滞在時間が長くなるだけでなく、購入にもつながりやすくなります。

 

そこを勘違いして、サイトに訪れた人に対して、○○育毛剤は、ここが世界一とか、売り上げナンバーワンとか言っても響かないわけです。

 

キラキラ白髪 ○○トリートメント とかで集客した場合もそうです。

○○トリートメントは髪に必要な栄養成分がたっぷりでコストパフォーマンスも業界最高値とか言っても、全然響かないのです。

○○トリートメントなら、短くてピンと跳ねたり、黒髪の中で目立つキラキラ白髪もきちんと染まります。その秘密は▲△だから。と書くとぐんときまる率が高まるわけです。

 

たとえ1日のアクセス数が5とか10であっても売れてしまうわけです。

 

キーワードに対してぼやっとした回答しかないサイトでは、1日に100アクセスあっても売れません。

それに対して、的確に答えを用意しているサイトでは、たとえ1アクセスでも売れるのです。

 

アクセス数が少ないから売れないという場合、そこを見直してみる必要があるかもしれませんね。アクセスあるのですから。

ちなみに過去に作ったサイトがほんとにアクセスが少なくて、1日のアクセスがほぼ一ケタのサイトがありました。

月間のアクセス数が20から50ぐらいなので、ほぼ放置です。

でも、作成後2ヶ月ぐらいたったある日、そのサイトから売れたのです。金額は1500円ぐらい。うれしかったですね。

その日の、そのサイトのアクセスを見てみたら、なんと「1」でした。

一人の方が訪れて、公式サイトに飛んで購入を決めたわけです。

その後も、ぽろぽろとアクセス3人で1本、アクセス5人で1本と月に2-3本売れます。こんなこともあるものですから、きちんと記事を書いておくって重要なんだなと今でも思うわけです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>