henka

変化するのはあたりまえ

世の中の仕組みが変わると大あわてしたり、文句を言ったりする人がいますよね。

 

消費税がアップしたのもその例かもしれない。

 

自分の収入が上がらないのになぜ税金が上がるのか、納得がいかない人々は、マスコミににもあおられて、これで生活が苦しくなると言って騒ぐ。

 

5%が8%になり、10%になったとしても、増えたのは5%。この流れに逆らわないで対応するには、消費を抑えて節約をするか、収入を5%アップすればいいという思考になれるといいのに。

 

収入を増やすのは時間を消費するのでいやだ、という人は節約をするしかない。

消費する金額が減れば、消費税も減るので一石二鳥かもしれない。

 

でもそれだと楽しめないですよね。

 

いまやネット上で稼げる時代。月に10000円ほど収入が増えれば、月に20万円消費している人の消費税増税分がカバーできることになる。

 

では、10000円稼ぐのは大変か。短期のバイトで1日やれば5000円以上にはなる。2日やればいいし、知り合いのお店などをお手伝いしてもこのくらいの金額はいただけるのではないか。

 

また、ネットで在宅ワーカーを募集するサイトで、単価は低いけれど、記事書きなどの作業をすれば月に10000円は難しい金額ではない。

 

大手企業も利用している、信用できる在宅ワークをするならこちらがオススメ。私もサイトの記事などを外注でお願いしています。

 

ここまで書いて、別に副業の勧めをしているわけではありません。

 

消費税を例にあげましたが、変化したらそれに対応しましょうという話です。

 

どうにもならない世の中や会社の仕組みが動いた時、それに対応して自分が何をするかを考えてみると、答えはたくさん出てくるはず。

何もしないで我慢するというのも選択肢の一つかもしれません。

でも、我慢ばかりの生活じゃ楽しくないじゃないですか。

 

会社勤めのサラリーマンがその最たるものだと思っています。私も現在サラリーマンですから、会社がこうすると言ったらそれに従わなければなりません。

 

経費がかかるのでカラーコピー禁止と言われれば、モノクロで見やすいグラフの表現を考えたり、強調文字やアンダーラインを使うなど工夫をすればいいのです。

でも多くの社員が文句を言っています。

 

そもそも、30年前はメールもなく、手書きの資料が中心だったはずです。

ワープロの出現から活字で資料を作るようになり、電話やFAXでの連絡だったものがメールになってきています。

 

みなさんも便利なものや必要に迫られたことは、変化についていっているのです。いや、ついていかないと取り残されてしまうのです。

 

だとすれば、いやなことマイナスと思われることだってその変化をすぐに理解し、どうしたらいいかを考えることで攻めの対応ができるというものです。

攻めの対応をすることで、文句を言っている人たちにアドバンテージを取ることができます。人が文句を言っていることにスマートに対応できている人ってかっこいいし、自分自身も気分がいいですよね。

 

変化がなければ現状維持かというと、世の中は変化がないと衰退していくのです。なので、常に変化し続けています。そのことを不満に思ったり、文句を言っても仕方がないので、「あたりまえ」だと思いましょう。そしてそれに対応することを考える思考を習慣化しましょう。少し意識するだけで違ってくるものですよ。

私はこの変化の時代をチャンスだと思っています。

当然、収入を増やすことを考えています。興味のある方は、サイト作成に関する記事などをご参考にされてください。